3月26日(日)、トライアスロン仲間のO塚さんから誘われていた


『六甲縦走キャノンボールラン』に参加してきました。










須磨浦公園から宝塚までを往復するPOWERの部(100㎞)など、

いくつかある部門の中で、私は初参加なので宝塚から須磨浦公園までの

片道(50㎞)となるSPEEDの部にでました。







2週間前の『神戸六甲縦走トレイルラン』では、須磨浦公園から有馬温泉までの

40㎞ですが、前半にアップダウンが続いてとてもきつかったですが、今回は

距離は長いものの、全体的に下り基調なので気持ちは楽でした。








始発に乗る前に自宅でおにぎりを2個頬張り、スタート前に立ち寄るコンビニで、

更に食料を調達する予定でしたが、ホテル若水の斜め前にあったコンビニが無くなっており、

予め持っていた補給食3個と、途中にある私設エイドに頼らざるを得ませんでした。






天気予報では夕方から雨、前回の六甲縦走からフィニッシュが夕方になるのは必至で、

日曜日の夜は気持ちが翌日の仕事モードに切り替わってしまうため、スタート地点に

到着した時から、家に帰りたくて仕方ありませんでした。







他のトライアスロン仲間と参加したO塚さんと互いの健闘を誓い、スタート!!




14906601849793.jpg




渋滞を避けたかったので、前方の方からスタートしましたが、それでもしばらく

大渋滞です。



14906601848952.jpg

14906601848461.jpg





宝塚から六甲最高峰までのルートは初めてなので、ウォーミングアップのつもりで、

前のランナーについて行くのですが、所々で発生する大渋滞をさけるため、縦走路を

避けて少し遠回りになる車道を走りながら、元の縦走路に戻るのを繰り返していましたが、

時間的に変わりはなく、先ほど抜かしたはずの人を、再び抜くようなこともありました。




ただし、車道の方が高低差が少ないので、脚への負担は少ないはずです。



六甲山最高峰を迂回して、一軒茶屋から車道を走りましたが、六甲ガーデンテラスにも

上がらず、そのまま記念碑台まで車道を走ったので、結果的に大回りになってしまいました。



次回走る機会があれば、修正するつもりです。




途中、何ヵ所もある私設エイドでは、コーラが置いてあることが多く、

エネルギー不足が気になりそれを飲むことが多かったです。



また両脚はカーフガードに加えて、太もものサポーターをしていたので、

ここまでは順調です。




それに上り下りともに歩幅を狭めて、一歩当たりの高低差を無くして、

脚への負担を減らすようにしていたのも良かったのかも知れません。





六甲山のトレランが2回目ということもあって、距離感がつかめなかったのですが、

摩耶山以降は低い山が数ヶ所あったように記憶していました。




14906601851134.jpg






馬の背、栂尾山を過ぎて、高倉台の団地を抜けると、最後の難所となる

長~い階段!!





避けられない難所だけど、できれば避けたい…




そう思っていると、前を歩いていたPOWERの二人組の会話で、

長い階段を回避するルートがあるとのことを知りました。




その二人を一旦は追い越してしまいましたが、自販機で最後のコーラを

充填している間に抜かれたので、ついて行くことにしました。




尾根に出ると鉄拐山、旗振山までは大きなアップダウンなく、50㎞近く走って

いるのに、脚はまだ走ろうとしています。






旗振山から須磨浦公園までは、石階段を下るだけですが、ルートを誤り


山頂遊園地の方へ降りてしまいました。





同じようにミスコースした方から、正しいコースを教えてもらい、

一旦山頂まで戻り道標を確認すると、須磨浦公園まで残り800m、

時間は15時52分でした。




8時間切れるやん!!




2週間前のトレランで、スタート直後にある永遠に続く階段という印象が

強く残っていますが、今回はそれを一気に駆け下りることになりました。




小学生の頃、マンション住まいをしていたので、1段飛ばしなどを

しながら階段を駆け下りるのは得意な方だと思いますが、

時間がギリギリなので、安全マージンを減らして、自分でも

ギリギリの走りでした。





しかも後方からほぼ同じ速度で降りてきている人がいます。



旗振山の手前で抜いた若い男の子二人組の一人か?



でも尾根で抜いたときは結構な速度差があったので、

更に負荷の掛る下りでついて来られるはずはないと思っていましたが、

私自身も数m先の階段を確認しながら、落ちるように階段を下っているので、

とても後ろを振り返ることはできませんでした。




他人と競うような趣旨の大会ではありませんが、この時だけは勝負しました。



14906601847540.jpg




少し前にポツリと降り出した雨粒が、大きくなる前にフィニッシュして、

スタッフにタイムを申告してそのまま駅の改札口へ…








本降りになる前に帰宅できました。




14906653856912.jpg

14906653856570.jpg

14906653856821.jpg

14906653857053.jpg












人気ブログランキングへ





カルテットの成長記へ




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
直近のイベントや大会はトレイルランやウルトラマラソンになりますが、

次のターゲットはトライアスロンなので、新年に掲げた目標を達成するために、

スイムを強化することにしました。







トライアスロンの3種目はどれも平均的に遅いのですが、

伸び代を考えると、バイクやランに時間を費やすよりも、

確実にタイムの短縮が図れそうです。




そこで…


20170323本





以前購入した本と、そのおまけのDVDをリピート再生し、

自身のフォームを修正しています。




特に最近はキャッチからプルまでの軌道と、スムーズなストロークに

重点を置いてトレーニングしています。




またマラソンのトレーニング同様、我武者羅にやるのではなく、

緩急をつけて休息日と睡眠にも気をつけています。




今はプルブイを使いながら、フォームを固めることが中心になっていますが、

それが済めばサークルの回数を増やしながら、距離を延ばしていくつもりです。








人気ブログランキングへ





カルテットの成長記へ




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

神戸六甲縦走トレイルランから10日経ち、今頃になって

関連記事を調べていると…




『完走率65%前後?3月14日開催の神戸六甲縦走トレイルラン2015は
本気でトレーニングが必要』


など、厳しい大会であることがわかりました。




事前にもっと下調べをしておくべきでした。




でもそれだけ過酷だったので、自分自身を褒めてあげても

良いのではと思ってしまいます。






人気ブログランキングへ





カルテットの成長記へ




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

3月11日(土)、神戸六甲縦走トレイルランに参加してきました。



これまで生駒山を始め、矢田丘陵がメインでしたが、関西でも有名な

六甲山も走りたく、コースを覚えるつもりで軽い気持ちでの参加でした。




ところがそんな気持ちとは裏腹に、現実は大変厳しいものとなりました。


20170311 (21)

20170311 (3)

20170311 (14)







フルマラソンのタイムを参考に、ウェーブスタートとなるので、いつものように

第1ウェーブ最後尾からスタートしました。


20170311 (29)

20170311 (28)




直ぐにキツイ坂、そして長い階段が続いたので、迷わず歩き。



今回は生駒の30㎞よりも10㎞長い40㎞なので、しっかり脚を残す作戦です。


20170311 (23)

20170311 (5)

20170311 (16)




でも階段長過ぎ…



そして頂上に上がったと思ったら、今度は階段を下る…




何だかトレランと言うよりは、部活の階段ダッシュのような感じです。



20170311 (11)





それに所々住宅街を通るのですが、当然アスファルト舗装なので、

トレラン感なしです。それに住宅街に入っても坂ばかり。




何か違う…



20170311 (8)

20170311 (18)









15㎞地点、早くも両脚ふくらはぎが悲鳴を上げました。



マグオンが少ないということはなく、明らかにオーバーワークです。





残り25㎞もあると思うと、気軽な気持ちでエントリーしたのを後悔しました。





トレランで一番楽しく思える下りですが、コース幅が狭く大き目の石が

多いため、疲労が蓄積している脚ではつまずきやすく注意が必要です。






それに砂利が多く滑りやすくなっています。





転倒が大怪我に繋がるので全開で下るのではなく、少し余力を残した状態で

細いコースを攻めようとしました。




が…




細いコースは大渋滞で、20人前後が列となってコースを埋めていました。






多分先頭の人は下りだったこともあって、自分が遅いのに気づいていないのでしょう。




上りなら後ろから来る人との実力差がはっきりしているので、譲る、譲られることも

多いのですが、下りはテクニックの違いなので、遅くても自分が疲れていなければ、

譲ることを忘れてしまうのでしょう。






集団の前から5番目にいた私は、住宅街に近づいて少し広くなった場所で前の4人を

抜き、溜まっていたうっぷんを一気に晴らすように駆け下りました。




20170311 (4)






気温が上がったのか?


それとも運動量が増えたのか?



20170311 (26)







スタート直後に着ていたウィンドブレーカーだけでなく、アームウォーマー、

手袋を外して半袖で走っていました。




ところが後半標高が上がり、風が冷たく感じるようになると、

エイドで頂いたお味噌汁が大変美味しく感じられました。



20170311 (25)




摩耶山が一番キツイという話を聞きますが、走り始めてずーっと

キツかったので、私の中ですっかり麻痺していたようで、気かついたら

摩耶山を過ぎていました。






25㎞地点、両脚ふくらはぎに加えて太ももが痙攣しました。

右足の土踏まずにも違和感があります。



平坦や緩い上りであれば騙しながら走れますが、下りになると

ブレーキが全く効きません。




エイドのスタッフから残り13㎞であると教えられ、

残りの時間から全て歩いても完走できると確信しましたが、

そもそも軽い気持ちでの参加だったので、スタートしてから6時間後には

温泉に入り、有馬温泉を後にしているつもりでした。




事前の説明では、コース沿いにコンビニや自販機が多いと聞きましたが、

私が欲しいコーラの自販機が見当たりません。




他の自販機はあるのに、コーラだけ無いとなると、余計欲しくなってしまい、



遠くに見える工事のパイロン、消火栓、赤く塗られた看板など、

砂漠でオアシスの幻覚を見るように、コーラの自販機に見えてしまいました。



20170311 (12)





そして記念碑台の手前でようやく発見!!



20170311 (1)





やっぱり元気が出ます!!



中学生、小学生の頃には、「コーラは骨を溶かす!!」と言われて

飲むのを避けていましたが、マラソンやトライアスロンなど持久系のスポーツの後半に、

これだけ効果があるとは思っていませんでした。





記念碑台を過ぎて、ゴルフ場の間のコースを抜けながら、ドライブウェイと

並行する山道を進みますが、この辺りになると前半にあったような急坂や

延々と続く階段もなく、疲れがたまった身体への負担は軽く、標高が上がっている

ことに気づかないぐらいでした。





20170311 (6)





なので、六甲山最高峰に到着したにも関わらず、登頂した達成感もあまり感じず、

これから下りが多くなると言った安堵感が、気持ちの多くを占めていました。



スタッフに残り3.3㎞と教えてもらい、ガーミンのGPSで表示されたスタートからの

水平距離とで生じた誤差を修正しました。





ガーミンが示す36.3㎞がフィニッシュです。





コースは比較的広めで傾斜が緩く、六甲山最高峰と有馬温泉を結ぶルートという

こともあり、一般ハイカーが多くなりました。





挨拶とお礼を言いながら、残された力を振り絞り、

得意な下りを快走すると、やがて有馬温泉の集落に出ることができました。


20170311 (24)

20170311 (7)

20170311完走証








最後に脚をだいぶ回したので、痙攣による痛みは少なくなっていましたが、

このブログを執筆している2日後、3日後、痛みはピークに達していました。






今回、軽い気持ちで参加しましたが、他の参加者のブログを拝見すると、

やはり「厳しい」「キツイ」といった文字が並んでいます。






単に生駒山トレランコースが長くなったぐらいの気持ちで臨んだのが

大失敗でしたが、六甲山には他にも様々なコースがあるようなので、

次はそれらのコースを楽しみたいと思います♪














人気ブログランキングへ





カルテットの成長記へ




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

2017.03.08 クランク交換
先日ペダリングスキルの測定で、ポジションを変更しましたが、

その際、クランクを現在の172.5㎜から170㎜に変更した方が

スムーズに回る結果が出ていました。






但し測定の後半でほとんど脚が残っておらず、途中で垂れてしまった

ことから、記録は取れませんでしたが、試してみる価値はあるとのこと。






そこでK店長のご厚意で、余っている170㎜のクランクをしばらく

貸して頂くことになり、早速交換してみました。



20170306 (1)

20170306 (5)

お借りした170㎜のクランクアームです。




20170306 (2)

そして取り外した172.5㎜



20170306 (4)


フロントリングを外したので、届きそうで届かなかった

BB付近を綺麗にしました。


20170306 (3)


Qringsの裏側も、ブレーキクリーナーを使って油汚れを

取り除きました。



クランク交換時にペダルを外しているので、ガーミンベクターを

再設定し、クランクアームを172.5から170に変更します。

20170306 (6)




そして校正して完了です。

20170306 (7)



早く乗りたい…









人気ブログランキングへ





カルテットの成長記へ




にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村